民間企業への就職活動をするとき

民間企業への就職活動については、バブル経済の前後を境に変わったことがたくさんあります。

就職活動は大学生や専門学校生だけでなく、高校生も行いますが、高校生の就職活動は学校を通して行うことになっています。

バブル崩壊後に目に見えて変わったことと言えば、就職先の雪崩現象によるものです。

かつては、高校の工業系の学科を卒業した生徒はその技能を活かせる職業に就き、商業科を出た生徒は事務職を中心に就いていました。

バブル崩壊後は、どの企業も採用数を大幅に減らしたことによって、就職口が卒業する生徒数を随分と下回ることになりました。

そのため、高校卒業予定者は、今まで中卒者が就職していたような、内容は単純だけど安い仕事にも就職し始めました。

高校生が就いていた仕事には、専門学校や大学の卒業生も応募することが増えました。

今まで、単純労働でも仕事の口はあった中卒者が、高卒者に仕事を取られる自体になっています。

この雪崩現象は、大卒者への求人の減少から起こっており、つまりは求人の全体数が下がってしまったことが原因です。

バブル崩壊後には、就職氷河期と呼ばれる就職活動が極めて困難な時代がありました。

ここ数年は企業の採用数も増加して、競争率も低くなってきており、就職活動も依然と比べれば、スムーズにできるているようです。

ただし、大手企業などの人気の高い企業への入社試験はとても大変なので、計画立案の段階できちんとやりたいものです。

民間企業への就職活動をするとき